歯科に助言をもらう

歯科で歯ブラシ選択の相談

歯ブラシの選択は歯科医に相談

歯ブラシには思いのほかたくさんの種類があります。歯の成長プロセスや、歯列矯正の状態などに合わせて、ぴったりのものを選ぶ必要があります。できれば、かかりつけの歯科医に相談するのがベストです。たとえば、小ヘッド歯ブラシはヘッドが細いので、普通では磨きにくい個所でもきれいに磨くことができます。また、矯正治療中の人には、それに適したものが用意されています。それは、矯正用のワイヤーや装置の周辺を余すところなく磨けるように、ブラシの毛先が山型やU字型などにカットされているからです。多くの種類がありますので、歯科医の指示に従うのがベストです。

歯ブラシの選び方は重要

虫歯になった時や予防理由で歯科を訪れる機会はたくさんあると思います。そこで必ずと言っていいほど指導を受けるのが、効果的な歯磨きの仕方だと思います。使う歯ブラシも重要で、種類も数多くあるため、自分の歯にあった歯ブラシを選ぶこともとても大切です。ヘッドが小さく奥歯が磨きやすいもの、汚れが付きやすい人には柔らかすぎない毛先、逆に歯茎が弱かったり、歯周病がすでに進んでいる人は柔らかめの毛先がよいとか、人によって選ぶべきものは変わってきます。そのため、歯科に行った際に、自分にはどのような種類のものが合うのか助言をいただくと良いでしょう。

↑PAGE TOP